これから美容師が収入UPを目指すなために必要なこと

2019pic06303

美容師の平均年収は300万にも満たないことは知っているでしょう。

月に25万円以下ということになります。

これが多いのか少ないと感じるのかは、個人差あるのかもしれませんが、私は少ないと考えます。

では、全ての美容師が倍の年収600万円になれるかというと、職業的には無理だとも言えます。

そんな美容師ですが、今後収入UPをするために必要なことを考えた時に必要なものは『時間と環境』です。

この2つを大切にしなくてはいけないです。

なぜ時間と環境が大切と思うのか

これ、美容師という業種だけに限らずかと思いますが、これから先普通に会社勤めしてるだけじゃ、ほとんどの人が収入の限界をすぐに迎えちゃう時代。

それに、今後の日本は税金もどんどん高くなる(と思う)。

社会保障も大変な日本では、大企業も終身雇用はムリと言いはじめている。

だから、副業解禁とか副業推進して、自分自身で稼ぐ力を身に付けろ。

これからは『個の時代』なんていう風に言われるわけです。

自分で稼げと言われても、稼ぐ手段もわからない。稼ぐ時間もない。

特に美容師やってると。

休みも少ない上に保障もない。

美容師が副収入を作り出すためには、

  • 副業に取り組める時間
  • 最低限の保障が見込める環境

この時間と環境が必要かと考えています。

スポンサーリンク

美容師がサロンワーク以外で稼ぐには時間と環境が足りない

やっぱり社会保険などに加入してる一般的な会社員とそうでない美容師では、副業スタートさせる環境に違いがある。

一般的な会社員が週休2日で社会保障が整った環境で働いているのとは大きな違い。

美容師も完全週休2日になれば、1日は休養にあててもう1日は副業準備に使うことができると思う。

社会保険に加入していることで、精神的不安は多少なりとも減り、本業を続けながら副業に取り組みやすい環境といえる。

美容師が年収を増やす手段は?

1、本業(美容師)で高みを目指す
2、複業で収入源を増やす
3、投資(株やFX)で儲ける

美容師がサロンワークだけの仕事を継続としたら、基本的に考えられるのがこの3つ。

で、1番オススメしたいのは『2,複業で収入源を増やす』です。

本業の美容師という職種の市場規模で考えた時

もちろん、美容師という仕事(本業)で高みを目指し収入を上げていくことが理想でしょう。そこに「注力すべき」とも言いたいところではあります。

とはいえ、美容業界の市場規模は年々縮小傾向にあります。

  • 美容室の増加による競争の激化
  • 顧客獲得のための広告費の増加
  • お客様の来店サイクルが伸びている
  • 客単価の低下

などの理由から、美容業界全体の売上がどんどん下がってきているわけです。

美容室の売上UPが益々難しくなる時代ということは、その業界で働く美容師の給料UPも簡単ではないということ。

儲かりづらいのにライバルは増え続けている業界で、貴重な時間と労力を費やしていても稼げる確率は低いわけです。

美容業界という市場で考えると、美容師やっている身としては残念な事実となりますが。

とはいえ、

投資で稼ぐは勘違い

美容師で収入UPを考えてネット見ていたりすると、「投資で稼ごう」とか「稼げる投資」などを見ることがありますが、まず無理であると思ってください。

投資で稼げる人なんてごく僅かで、素人が手を出してもお金を失うだけです。

投資できる十分なお金、知識、情報があるなら可能性はありますが、そもそもお金が無くて収入増やしたいと考えている美容師がやるもんじゃないです。

お金の無駄です。

私も少しではありますが、余力のあるうちにと思い投資をしています。

ちょっとギャンブル性が高いもので、ハイリスクハイリターンを期待して。

もちろん、この位(お金)なら失っても生活に支障はない。という程度です。

稼ぐというよりかは、将来的に資産となればいいかな。という考えで、現状の利益は出せていません。

お金がない美容師が投資するなら、まずは自己投資の部分であり、株やFXなどのギャンブル性の高いものではありません。

サロンワーク以外での収入

これを得るために自己投資する方が結果的には近道となるんじゃないか。

美容師という仕事をメインの収入源とし、他にも収入源を複数持つ。

美容師で稼ぐことが出来なくても、万が一美容師続けることが困難な状態になっても、収入がゼロにならないようにしておく。

そのためにはサロンワーク以外でも収入を得る仕組みを作っておく必要があります。

でも、これが難しい。正直、私も試行錯誤しているところです。

美容室経営者であれば、自分がサロンワークしなくても収入が生まれる仕組みを作ることを考えるかと思います。

多店舗展開です。

でも、小規模美容室の経営者であれば、このリスクを負うのがまた恐いわけです。ビビッてしまうんです。

1店舗目は上手くいった。「よし、次だ!」と中々動けない。動かないのかな。

2店舗目出店のリスクを考えると一歩踏み出せない。

多店舗展開による収入UPには「仕組み」が1番重要となるわけで、時間と環境ではない。

それに大きなリスクも伴うのでちょっと違う。

なるべく、リスクは最小限で安定した環境で、サロンワーク以外に取り組める時間が持てることがいいと考えます。

このような環境で美容師がサロンワークをしながら副収入をつくるなら、

完全週休2日の社会保険加入の美容室がいいんじゃないか

一般的な会社員と同じような環境で働け、それを生活のための収入の柱とする。

時間がない。保障もない。と言われる美容師が美容師を続けながら収入源をつくるなら、

  • 副業に取り組める時間
  • 最低限の保障が見込める環境

これが期待できるのは、完全週休2日の社保加入美容室がベストな気がしています。

別に独立開業して美容室出店するだけが美容師の収入UPの手段ではありません。

むしろ、リスクが大きいのでよほどの覚悟と勇気が必要です。

  1. 法人経営の安定した美容室で社会保険加入して働くこと
  2. 完全週休2日の8時間労働という環境でサロンワーク以外の時間を持つこと

『時間と環境』この2つを整えて、サロンワーク以外の収入源を作ることを考える。

これからの美容師の生き方には、こういう選択も収入UPにつながると考えてもいいと思います。

 

スポンサーリンク