【美容室】コロナに耐えるため借り入れ申込(融資)だけはしておくことにした

休業するしないは、事業主の判断です。

もう政府の休業補償や助成金などを当てにしてられません。

休業要請であり、強制ではない。

こんなことは言いたくないが「強制はしていない。休業したのはあなたの判断です。だから補償はできません」とまでは言われないでしょうけど、もうここに期待して耐えていても精神的に削られていくだけ。

動くしかありません。

私は、日本政策金融公庫から借り入れすることに決めました。融資を受けます。

会社としてではなく、個人事業主として借り入れします。

会社はすでに借りていて、経営状態(コロナ以前から赤字だから)から融資は無理みたいで…こればっかりは仕方ないです。

となれば、個人として借り入れ申込するしかないので。

とりあえず、同じように個人事業で美容室経営されている方で、コロナの影響で資金不足になりそうな方もいるかと思いますので、公庫での借り入れ申込の流れだけ紹介します。

詳しいことは、公式サイトで確認お願いします。

日本政策金融公庫のサイト

新型コロナウィルス感染症特別貸付の詳しいページ

ダウンロードできます。

スポンサーリンク

美容室がコロナ関連での借り入れ(融資)を申し込みする流れ

  1. 新型コロナウィルス感染症特別貸付の詳しいページで条件の確認
  2. 公式サイトでお申込に必要な書類(借入申込書等)を確認、ダウンロード
  3. 自分で用意が必要な書類(最近の確定申告書2年分)を準備
  4. 「借入申込書」「売上減少の申告書」に記入
  5. 全部揃えて最寄りの日本政策金融公庫の支店へ郵送

確定申告書が用意できれば、すぐ準備できます。

1,新型コロナウィルス感染症特別貸付の詳しいページで条件の確認

pic20200408-2

見てもらえればわかるが、

例えば、美容室経営3年目とかで

2019年3月売上と2020年3月売上を比べたときに5%以上減少してれば、この条件に当てはまる。

  • 3年間実質無利子(3000万まで)
  • 無担保(保証人いらない)

私の場合は、前年同月比で20%以上ダウンしたので、この条件で借入申込が可能となる。

2,公式サイトでお申込に必要な書類(借入申込書等)を確認、ダウンロード

美容室開業時に日本政策金融公庫で借入してれば、(申込自体は)簡単と感じるかもしれない。

ここでは必要な書類をしっかりと確認してほしい。

  • 借入申込書
  • 新型コロナウィルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の申告決算書の写し(確定申告書)

(日本政策金融公庫を初めて利用する方)

公庫で初めて借入申込する方は、

  • ご商売の概要(お客様の自己申告書)
  • 創業計画書

この2つがあるが、美容室経営が1年以上なら「ご商売の概要」でいい気がしています。

まだ1年未満の方は創業計画書の方がいいかもしれません。「事業を開始して間もない方」と記載があるので。

「ご商売の概要」の方の補足に「創業計画書を提出してれば必要ない」と書いてあるので、創業計画書を出せばいいのではないかと思います。

創業計画書、美容室開業した方なら作ったことがあるとは思いますが、もしわからなければこちらを参考にしてください。

『美容室独立開業のための事業計画書の完璧な書き方』

3,自分で用意が必要な書類(最近の確定申告書2年分)を準備

pic20200408-3

こういうのです。

平成30年と令和1年の2年分。

去年(令和1年)の申告がまだ終わってないなら、平成29年と平成30年。

手元にあるはずです。

「無い……」という方は、税務署で再発行の申請を行いましょう。
(これからは過去3年分は保管しておきましょう)

ここで丁寧に紹介してあります。『紛失した確定申告書を再発行する方法』

4,「借入申込書」「売上減少の申告書」に記入

そこまで難しい項目はありません。見本もあるからたぶん記入できるはずです。

ただ、一応ここは注意した方がいいかもしれないという点だけ説明します。

【借入申込書】の注意点

pic20200408-0

これは、コロナの影響で何のためにいくら必要かでも変わってきますが。

コロナの影響による売上減少で、家賃や人件費などの支払いに充てるなら(充てると思うのですが)「運転資金」が使い道になります。(赤字部分下部)

もし、貯金(運転資金)が固定費2ヶ月分も無いようなら、元金据置期間はあったほうが安全かと思います。(青字部分)

2ヶ月分の家賃と人件費とか(あと生活費も入れて考えてもいいかも)の支払いが出来るくらいの貯金がない場合です。

2ヶ月はちょっと不安。私なら3ヶ月分も無ければ据え置きします。とりあえず半年くらいかな。

元金据置は、返済スタートしても返すのは利息分だけで済む期間のこと。

例えば、据え置き期間6ヶ月/300万借入だとしたら、7ヶ月目から元金と利息の返済スタートということ。利息分だけは最初の6ヶ月間も支払う必要があるけど。

とりあえず、現状で余力が乏しいなら据え置きした方が負担が少ない。けど、自己判断です。

【新型コロナウィルス感染症の影響による売上減少の申告書】の記入

これは売上管理ができていれば、3分も掛からない。

対比して売上減少を証明するだけ。

売上管理はできてるはずですから。

5,全部揃えて最寄りの日本政策金融公庫の支店へ郵送

ここまでできたら、コンビニか郵便局でレターパックでも購入して、必要書類確認してOKならレターパックに入れてポストに投函して終了。

あとは、公庫からの連絡を待つだけです。

ちなみに、あなたの最寄り支店のことはわかりませんが、都内の公庫の支店はめちゃめちゃ混み合っています。

電話対応なんてしてる時間ないみたいです。

とりあえず申込書を郵送してくれ。となります。

でも不安な場合は、お問い合わせしたほうがいいです。

私が完璧という保証もありませんので。

借り入れは焦らず慎重に。美容室経営や生活に影響するかも…

決して、今回のコロナでの借り入れをオススメしているわけではありません。

借り入れの要不要は、事業主本人にしか判断できません。

私の周りでも多くの美容室経営者が借り入れ準備をしてはいます。もう申し込みしてる方も。

  • 借りやすいなら借りておく
  • 借りないとヤバイ…
  • とにかく借りれるもんは借りておく
  • みんな借りるなら借りよ〜

など、それぞれですが、状況もそれぞれです。

私の場合は、まず前提としてあるのが「自分の貯金を使いたくない」です。

事業と生活(プライベート)は別で、プライベートで何かあったときのために個人の貯金には手を付けたくない。

ただ、事業用の運転資金はちゃんと別で確保してるけど

  • この状況がいつまで続くか先が読めない
  • コロナ収束後もすぐに戻る保証もない
  • コロナ以外の何か(震災とか)が重なったら…
  • 会社の方で借りれないから仕方なし…

などがあり、事業用の運転資金だけでは不安だからです。

いろいろとあります。細かく書いたらもっと危機感あります。とにかく、事業継続するために必要ということです。

ただ、これは助成金でも給付金でもないですから。借金です。

借金返済が生活を圧迫する可能性もある

経営が順調に回復して、利益が潤沢に出せるように戻ればいいですが100%はありません。

コロナ前は黒字経営できていたなら大丈夫かもしれません(これも100%なんてないですけど…)

でも、コロナ前からカツカツな状態、毎月綱渡りとかのギリギリの経営状態だったとしたら、ちょっと心配な気はします。

しかも、借金返済中で残債もまだまだ残っているとしたら、さらに心配です。

焦らず慎重に考えてほしいと思います。本当に。
(危ないから借りるな!と言ってるわけではありません)

今回の融資は「無利子・無担保」ですが、期限付きなど限度もあります。

借金は借りたお金です。返していく必要がありますから。

コロナが収束して、美容室の売上が戻ってきても、返済に圧迫されないように考えないといけません。

借りる前に、ちゃんと返していけるのか?

  • 返せる額なのか?
  • 返済期間はどうするのか?
  • 元金据置期間も設定するのか?

しっかりと計算しておくべきです。

なんだか、今回のこのコロナウィルスの事は、いろいろと先のことを考えさせられるキッカケとなりました。

事業継続もそうだし、今後の人生もそうだし、人生どんなことが起きるかホントに予測できません。

だから、常にリスクに備える必要もあるんですよね…

とにかく、借金で乗り切るのも1つの手ですが、他手段も考えられるなら模索するべきかもしれません。

『美容室が潰れる時はどんな時?わかってないまま独立開業は危険』も参考になるかもしれません。

『緊急事態宣言で休業要請を受けたら美容室はどう対応すべきなのか?事業主に委ねられても…』

スポンサーリンク